カークランドは生え際には効果ないって言われていますがなぜですか?育毛剤はなぜ生え際には効果ないのか

男性型脱毛症いわゆるAGAには額の生え際から、頭頂部から、その両方からと3つの進行パターンがあります。額の生え際はM字型に、頭頂部はM字型に、その両方はU字型に進んでいきます。

このうち額の生え際から始まる症状には育毛剤は中々効果が出ないと言われています。

■なぜ生え際には効果ないのか
生え際の頭皮は頭頂部の頭皮より固めです。指の腹で揉んでみると分かり易いですが、頭皮が固いと育毛剤の成分が浸透しにくい事がありました。

成分が浸透しにくいのでは効果も出にくい事に繋がります。その他にも生え際には毛細血管が少ない事も原因の一つとなっています。

育毛剤にはセンブリエキスなど血流を改善する作用を持つ成分を配合しているものが多くなっています。血流が改善すると毛母細胞に酸素や栄養が行き渡り、活発に分裂するようになります。

しかし元々毛細血管が少ない生え際だと、育毛剤を頭皮に塗っても効果が出にくいです。さらに生え際のほうが皮脂の分泌が多い事も関係しています。

汗をかき皮脂が毛穴に詰まってしまうと育毛剤の成分が浸透しにくくなってしまうのです。その他にも額の生え際にはAGAの原因となる還元酵素、5αリクターゼが多いと言うのも育毛剤の効果が出にくい一因となっています。

■なぜ生え際には効果ないのか

■額の生え際にも効きやすい育毛剤
育毛剤によっては額の生え際にも効きやすいものがあるので大丈夫です。その育毛剤にはオウゴンエキスやヒオウギエキス、ビワ葉エキスなど5αリクターゼを抑制する作用を持つ成分を配合していると言う共通点があります。

こういった育毛剤は額の生え際も頭頂部も実感し易いです。その他にもキャピキシルと言う成分を配合している育毛剤も効きやすいです。

キャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3と言う成分で作られています。アカツメクサ花エキスにはビオカニンAと言う5αリクターゼ抑制作用を持つ成分が含まれています。

アセチルテトラペプチド3には優れた細胞修復作用があり、傷ついた毛母細胞を修復し発毛を促す作用が期待されています。

■終わりに
育毛剤はどなたにも効き目が出ると言うものでは無いです。中には全く効き目が出ない人も見られますが、効くかどうか分からない育毛剤を購入するのでは抵抗を感じる事がありました。

そんな時は返金保証を付けている育毛剤なら安心して試せます。